学年 テーマ
小4
4年生ではまずしっかりとした学習習慣を確立することが大事です。講習会ではその日の授業に応じた宿題と、漢字テストやチェックテストなどの予習など、家庭学習の充実にも力を入れます。算数は計算の基礎演習に加え、図形や文章題などの応用問題もカリキュラムに織り込むことで、子どもたちの興味を引き出し、進んで勉強に向かっていけるよう配慮しています。国語は物語を中心に幅広いジャンルの文章にあたり、読解力の基礎を養成します。また、掘り下げて考える、視点を変えてみるなど将来の中学受験も視野に入れた応用発展問題への取り組みも積極的におこないます。
 
小5
算数が計算・知識中心の問題から深い思考力を要する問題に変わってきます。単に公式や解法のテクニックを知っているだけではなく、答えを出すまでのメカニズムを理解することが大切になります。講習会では計算力を充実させるとともに応用力もしっかり鍛えます。国語では物語文はもちろん、説明文・随筆文といった論理性の高い文章に触れ、速く、正確に読みこなす力を養成します。また、中学校では英語・数学同様に重要な科目でありながら普段あまり重視されない理科・社会を授業に取り入れ、興味を持たせるとともに問題を解く力も養います。
 
小6
小学校最後の夏は、中学校へあがる準備期間として大変重要な意味を持ちます。苦手教科や単元を残していることはもちろんのこと、十分な思考学習を積まないまま中学に上がると、思わぬ苦戦の原因になることもあります。講習会では各科目において質・量ともに濃密なカリキュラムを用意しました。算数・国語ではこれまでに習った内容を基本から丹念に復習していきます。さらに、将来の高校受験に向け、様々な応用力、思考力を充実させていきます。理科・社会では小学校内容から中学校内容に結びつく知識をふんだんに取り入れ、小・中学校間のギャップをなくしていきます。
 

学年 テーマ
小5
受験の基礎となる部分をみっちりと固めていきます。算数では受験の必須アイテムである線分図をしっかり指導するとともに、植木算や消去算などの文章題も扱っていきます。また、図形分野では体積・容積や水深変化を中心に発展的内容を扱います。国語では物語、説明文、随筆、詩などのジャンルの読解問題において、文章の内容理解・問題の解き方に重点を置いて繰り返し練習をしていきます。理科は種子の発芽、天体や気象について問題演習を通じて理解を深め、電流の基礎を解説していきます。社会は受験の基礎となる国土、農林水産業、工業の知識を身につけていきます。受験学習が全く初めての場合でも、春から在籍している内部受講生との差を少しずつ埋めていけるように配慮します。
 
小6
授業では受験の基礎となる部分の十分な復習をおこない、様々な問題をパターン別に演習していきます。また、毎回の授業で出す宿題の一部、重要問題の解説も授業内でおこないます。ただし定番の解法解説をおこなうだけでなく、角度を変えた見方や考え方を紹介することで、知識や応用力に幅を持たせていきます。さらに授業外では宿題の質問受けはもちろん、受験生ひとりひとりの志望校に応じた宿題の取捨選択や課題追加、子どもたちや保護者の方々からの進路相談や学習相談に対応するなど、きめ細かい個別指導をおこないます。受験生にとってこの夏は、ほぼ1日中勉強漬けの毎日になってしまうことはやむを得ません。私たちがそんな受験生の頼れる支えになります。

学年 テーマ
中1
絶対評価による入試システムが導入され、中1での学習成績も公立高校入試に関係するようになりました。ここまで1学期を乗り切ってきた子どもたちも、決してこの先安心できるものではありません。学校での学習問題と実際の入試問題との間には非常に大きな差があるのです。その認識がないまま「学校の授業についていけているから」と安心する事は非常に危険なことだと言えます。講習会では子どもたちの入試に対する不安や甘さを解消し、中学の勉強が本格化する2学期以降の成績向上、学力アップを図ります。
 
中2
入試問題では中2の学習内容からの出題が多くみられます。しかし、それを意識して日々学習をしている子どもたちは数少ないと思います。指導要領の改訂を重ねるごとに各学年の学習内容は増大しており、中学2年生までの内容をいかにしてこの年度内に定着させるのかが、中学3年生時の受験への歩みを大きく変えることになります。講習会では全クラスしっかりと基礎固めをした上で、S系クラスでは既習単元であまり触れないような実際の入試問題を取り入れ、あらゆる解法のパターンを身に付けていきます。Aクラスでは、よく出題される「基礎~標準問題」をきっちり解ける力を身につけます。
 
中3
来春受験の中3生にとって、夏は各科目のベースアップを図る重要な時期であり、これからの成績アップを見越し、志望校を絞り込んでいく大切な時期でもあります。早い話が、ここでやらなきゃいつやるの?ということです。講習会では、全期間を通じて既習単元の総チェックと入試問題のパターン別演習を丹念におこないます。自分の弱点を見つけ、苦手科目・単元を克服し、さらに近年の入試問題の傾向からさまざまなパターンの解法テクニックも身に付けていきます。また、生徒との個人懇談を通じて、夏期の学習計画から志望校選定のアドバイスまで全面的にバックアップしていきます。

夏期講習説明会は個別で実施します。ご予約の上、各教室にお越しください。グループでのご参加も対応いたします。 なお、お子さまの学習相談、受験相談も承りますので、お気軽にお電話ください。
※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮願います。
 (粟生中央教室は食品館アプロの駐車場をご利用ください)

学年 クラス 指導教科 日数 1日あたりの
授業時間
講習費
小4 特進A1・A2 算・国 12日間 50分×2 13,200円 → 6,600円
小5 特進A1・A2 算・国・理・社 12日間 50分×2 13,200円 → 6,600円
ハイレベル特進V 算・国・理・社 17日間 70分×2 36,300円
小6 特進A1・A2 算・国・理・社 12日間 50分×2 13,200円 → 6,600円
ハイレベル特進V 算・国・理・社
25日間 70分×2 55,000円
中1 SW・S・SA・A 英・数・国・理・社 15日間 70分×2 31,900円 → 15,950円
中2 SW・S・SA・A 英・数・国・理・社 18日間 70分×2 37,400円
中3 SW・S・SA・A 英・数・国・理・社 26日間 70分×2~4 82,500円

会期:前期 7/21(水)~8/3(火)
   後期 8/4(水)~8/24(火)
   総まとめ講座 8/23(月)~8/31(火)

○ 教室によっては開設していないクラスがあります。
○ 7/20(火)に開講式をおこないます。
○ 日数は全国模試受験日も含みます。
○ 小5V・小6Vの総まとめ講座は1コマ50分授業になります。
○ テキスト費および全国模試費が別途必要です。
○ ハイレベル特進クラス希望の小4生は小4特進クラスで受講してください。
○ 金額には消費税を含んでいます。

講習会説明会
または 個別説明
個別説明を希望される場合はお電話にてご予約下さい。
(今回は個別説明のみとなります)
 
受講申し込み お電話または来塾にてお申し込みください。
 
受講手続き
受講クラス決定 
受講申し込み書をご提出、受講費用をおさめていただきます。同時にお子さまの成績をヒアリングし、受講クラスを決定します。
(小学部ハイレベル特進コースをご希望される方は、原則として学力診断テストを受験していただきます。) 
 
開講式
(生徒出席)
生徒時間割、講習会テキスト類をお渡しし、講習会授業の受け方、家庭学習の仕方などを説明します。7/20(火)におこないます。
 
受講開始 生徒時間割に記載された授業に出席します。予習の指示が出されている科目は授業開始までに予習をしておいてください。